ルール

ワールドラグビー「競技に関する規定」

第23条 保険

23.1 プレーヤー、または、その主たる雇用主は、すべてのレベルにおいて、また、いかなる場合においても、プレーヤーが競技に参加している際に負った負傷の結果生じる損失や費用を対象とした適切な保険に加入することに責任を負い、実際に加入するものとする。
23.2 プレーヤーの主たる雇用主がラグビー団体、または、クラブである場合、当該保険は、医療費、ラグビーによるプレーヤーの給与、すべてのレベルにおいて、また、いかなる場合においても、プレーヤーが競技に参加している際に負った負傷の結果生じる一時全身障害及び重傷、永久全身障害も対象としていなければならない。
23.3 プレーヤーの主たる雇用主がラグビー団体、または、クラブである場合、その雇用主が、すべてのレベルにおいて、また、いかなる場合においても、プレーヤーが競技に参加している際に負った負傷の結果生じる損失や費用を対象とした適切な保険に加入することに責任を負う。プレーヤーの主たる雇用主がラグビー団体、または、クラブではない場合は、プレーヤーがその責任を負う。
23.4 主たる雇用主、及び/または、プレーヤー(場合によって)が、プレーヤーを対象にした保険に常に加入しておくことを怠った場合、IRBは、その責任、及び/または、義務を一切負わない(また、責任を負うことを引き受けない)。疑義を避けるため、IRBは、保険の加入やその他保険に関連する手配を行う、及び/または、監督することに責任を負わない。
23.5 本規定において、主たる雇用主とは、プレーヤーが、書面による合意のもと、勤務時間の最低75%以上の時間、プレーヤーが業務を行うことを求める雇用主をいう。
23.6 勤務時間とは、その業務が主たる雇用主に対し行われるものであるかないかにかかわらず、プレーヤーが業務を行う時間の合計をいう。